top of page

最初の1匹からの進化 Mr. N.O

T.Fでの釣りを始めた頃のタックルは、浜名湖でのサイトフィッシングのものをほぼそのまま流用し、クロダイを本命に捉えていた。

TIPPET:KUREHA Seaguar GRANDMAX FX 2.5号 3ft

FLYHOOK:カン付きチヌ 5~6号



その後、サイトフィッシングに見切りをつけブラインドでの釣りをメインにするようになりる。そして釣れる魚がキビレであり、しかもサイズが大きい事が見えてくる。またマッディウォーの中でフライを見つけさせるために、フックサイズも大きくなり、フライもよりバルキーなものを使うようになる。

ロッドに関しては風によって#6~8を使い分けるようになり、ラインはティップがインターミディエイトのものを使用。よりボトムを確実にコンタクトできることを意識するようになった。


ROD①:NorthForkComposites FAF906-4(トルザイト仕様 セルフビルド)

ROD②:Campanella c3907sw #7 (SiCリングガイド)

ROD③:NorthForkComposites FAF1007-4(トルザイト仕様 セルフビルド)

TIPPET:KUREHA Seaguar GRANDMAX FX 3号 3ft


フックはチヌ鈎から同形状で太軸の伊勢尼をメインに変更し、フックサイズも9〜12号と大きくなった。太軸でフック自体の自体の重量が増したため、ダンベルアイのサイズを下げつつも、キールを保つバランスのフライが重要になってくる。



閲覧数:40回

最新記事

すべて表示
bottom of page